インストールのトラッキング

アプリダウンロードキャンペーンの目標は、プロモーション対象のアプリについて最低コストでインストールを生成することです。結果として、キャンペーンの効率性と成功の可否を理解するためにインストールのトラッキングが非常に重要です。

オンライン広告の場合、シームレスなブラウジングエクスペリエンスとクッキーの存在があるため、測定とアトリビューションはシンプルです。しかし、モバイル広告の世界では、アプリストアが存在し、アプリ間でのクッキーが存在しないことが大きな理由となり、測定とアトリビューションは若干複雑になります。ここでトラッキングプラットフォームの出番となります。

トラッキングプラットフォームは、広告ネットワーク全体を通じてキャンペーンから得られるインストールをレポートするだけでなく、広告ネットワークによるキャンペーンパフォーマンスの最適化を支援します。

複数のモバイル広告ネットワーク全体を通じたアプリインストールのトラッキングには、推奨されるアトリビューションパートナーとの技術的なインテグレーションが必要になります。インモビは、世界の最高のアトリビューションパートナー、つまり弊社のMTAP (Mobile Tracking and Attribution Partners) と連携します。これらのパートナーとのインテグレーションはインモビによる認定を受けており、これらの何らかのアトリビューションパートナーを使用する広告主は、この緊密なパートナーシップから メリットを得ます。パートナーを持たず、インストールのトラッキングを行いたいと考えている方のために、インモビでは独自のトラッキングプラットフォームを用意しています。

トラッカーの設定

MPATとインモビトラッキングプラットフォームのどちらも、広告主のアプリにインストールする必要があるSDKを広告主に提供します。SDKの正しいインテグレーションについては、パートナーガイドラインを参照してください。リファラが正常に動作するように、Androidインテグレーションを行う際には特別な注意を払うようにします。また、インモビを含む一部のパートナーは、APIを介した非SDKモードのインテグレーションを提供しています。

SDKをインストールし、確認したら、インモビキャンペーンを設定します。インモビではランディングページURL(アトリビューションパートナーからのトラッキングURLへのクリック)のみが必要になります。ドロップダウンから適切なパートナーを選択し、提供されたトラッキングURLを貼り付けます。

トラッカーを設定するには、次の手順に従います。

  1. インモビでキャンペーンを作成します。キャンペーンの設定方法については、ここを参照してください。
  2. キャンペーン作成ページのドロップダウンメニューからトラッカーを選択します。
  3. キャンペーンと広告グループを作成したら、[Campaigns]タブをクリックします。すべてのキャンペーンのリストが表示されます。
  4. キャンペーンの行を特定し、[Tracker Status]列内をクリックします。
  5. 提供されたフィールドにトラッキングURLを入力します。
  6. トラッキングURLが設定されたら、インモビへのポストバックを設定する必要があります。ポストバックは、レポート作成と最適化のためにインモビに送信されるインストール確認です。一部のパートナーではこの手順をユーザーの関与なしで行います。しかし、それら以外のパートナーの場合、広告主はインモビへのポストバックを具体的に設定する必要があります。この手順を行わないと、インモビにはダウンロードの確認が届かないことになるため、キャンペーンは開始できません。ポストバックによりインモビは次のようなことを実施できます。
    • 広告主の目標に沿ってユーザーを取得するためのキャンペーンの最適化
    • キャンペーンあたりのインストール数のレポート作成
    • トラッカー検証

注意:

  • トラッキングURLには、クリック時にインモビによって置き換えられるプレースホルダが含まれています。これらのプレースホルダにより、弊社のパートナーはダウンロードをクリックにアトリビュートすることができます。また、トラッキングURLには、レポート作成に使用するための追加のパラメータも含まれています。クリック時に弊社のパートナーに情報を渡す際にインモビが使用するプレースホルダ(または、マクロ)の一部を次に示します。
    • デバイスIDマクロ:これらはデバイス識別子をパートナーに渡すためのプレースホルダです。デバイス識別子は、ダウンロードをクリックにアトリビュートする際に使用されます。アトリビューションSDKは、アプリからデバイスIDを収集します。アトリビューションパートナーは、SDKにより収集されたデバイスIDとクリック時に渡されるデバイスIDをマッチさせます。
      • $IDA:広告用のiOS識別子
      • $GPID:Android Google Play広告ID
      • $UDID:android_IDのAndroid md5(段階的廃止)
      • $O1:android_IDのAndroid sha1(段階的廃止)
    • クリック識別子: インモビは、クリック時に一意の識別子をアトリビューションパートナーに渡します。これはインストール時にインモビに戻されます。インモビでは、インストールを確認し、適切な広告グループ、キャンペーン、クリエイティブに対するレポート作成を行うためにクリック識別子が必要です。
      • $IMP_ID:インモビ??のクリックIDに対する送信に使用されるマクロ
    • 追加のパラメータ:一部のパートナーでは、広告主がパートナーからレポートを取得できるようにするために、クリック時に追加のパラメータを受け入れます。インモビがサポートする追加のパラメータの一部を次に示します。
      • $APPOGRAPHIC_ID:アポグラフィック広告グループから提供される広告の場合にのみアポグラフィックセグメントIDに置き換えられます。それ以外の場合には-1に置き換えられます。このリンクはアポグラフィックIDとアポグラフィックセグメント名のマッピングをキャプチャします。
      • $GEO_CC:国コードに置き換えられます。弊社は、ISO 3166-1 alpha-2の国コードに従います。
      • $HANDSET_TYPE:デバイスタイプ(フィーチャーフォン、スマートフォン、タブレット)に置き換えられます。
      • $CAMPAIGN_NAME:このパラメータはキャンペーン名に置き換えられます。
      • $ADGROUP_NAME:広告グループ名に置き換えられます。
      • $CREATIVE_NAME:広告名に置き換えられます。
      • $BLINDED_SITE_ID:ブラインドされたパブリッシャーIDに置き換えられます。提供される広告がアポグラフィック広告グループからのものである場合、パブリッシャーIDへの置き換えは-1になります。>
  • クライアントがMTAPパートナーを使用する場合、インモビは、ポストバックがインモビに送信されているかどうかをチェックすることにより、トラッカーインテグレーションを確認します。この処理が実行される場合、トラッキングパートナーがインモビのインストールだけでなく、すべてのインストールを送信することを確認します。インモビではこのデータをトラッカーインテグレーション検証のためだけではなく、独創的なネガティブターゲティングを実施する際にも使用します。トラッキングパートナーがすべてのインストールポストバックをインモビに送信しない場合、ダウンロードのレポート作成が行われないため、キャンペーンを開始することはできません。
  • インモビでは、アトリビューションとトラッキングのために広告主がインモビインハウスツールか、またはMTAPの1つのいずれかを使用することを推奨しています。ただし、広告主がこれら以外のトラッカーの使用を希望する場合は、[Others]オプションを選択します。この場合にはインモビによるダウンロードのレポート作成ができなくなると、インモビによるキャンペーンの最適化はできません。
  • 弊社の一部ではないサードパーティトラッカーとのインテグレーションについては、インモビサポートにお問い合わせください。

インテグレーションステータス

各種インテグレーションステータスの意味については、次を参照してください。

[Pending]:トラッキングパートナー(MTAP) から提供されたトラッキングURLを追加する必要があります。
[Not Verified]:インモビはトラッキングパートナーからインストールポストバックを受信していません。
[Skipped]:弊社のMTAPの1つではないトラッキングパートナーを使用しています。
[Verified]:すべて設定済みです。

デバッグ

キャンペーンが[Not Verified]になっている場合、考えられるいくつかの理由と、そのステータスを[Verified]に移行するために行うことができる事項があります。

  • トラッキングパートナーがすべてのインストールを送信していない場合、トラッキングURLテストを行います。このテストには、モバイルデバイスでのトラッキングリンクのクリックのほか、アプリのインストールとオープンが含まれています。これにより、インモビへのポストバックがトリガされることになります。インモビがインテグレーションを確認するまで15~20分間待機します。
  • これでも、ステータスが依然として[Not Verified]の場合は、トラッキングパートナーのサポートチームに問い合わせて、インモビにインストールポストバックが送信されない理由を確認してください。

アトリビューションロジック

弊社のすべてのMTAP (Mobile Tracking and Attribution Partners) は、インストールをトラッキングし、インストールを適切なネットワークにアトリビュートするために、各種テクノロジーの組み合わせを使用します。テクノロジーには次のようなものがあります。

  • デバイス識別子:広告目的のために使用できるデバイスに一意の識別子。例えば、iOSのIDFA、AndroidのGoogle Play Advertiser IDがあります。これらの識別子にはPII (Personally Identifiable Information) は含まれていないため、共有しても安全です。
  • Googleリファラ:Googleリファラ:Androidクライアントでのみ利用可能なテクノロジー。GoogleはPlay Store経由でキャンペーンおよびソース情報をアプリに渡すための方法を提供します。
  • フィンガープリント:ユーザーリクエストヘッダー(IP、UAなど)から取得される非PII (Personally Identifiable Information) に基づくテクノロジー。デバイス識別子が利用できない場合に使用されます。例えば、モバイルWebがあります。

弊社のすべてのパートナーは、上記のテクノロジーの組み合わせを使用して、インストールとクリックのマッチングを行います。弊社ではこれをアトリビューションウォーターフォールと呼んでいます。

インモビコンバージョントラッカーを使用したトラッキング

インモビは、インハウスコンバージョントラッキングプラットフォームを広告主に提供します。このプラットフォームは、インテグレーションが容易であるのに加え、無料です。弊社のインハウスコンバージョントラッカーは、インモビネットワークのみのトラッキングを行います。他の広告ネットワークを対象としたインストールのトラッキングはサポートしていません。インモビコンバージョントラッキングプラットフォームとのインテグレーションを行う場合は、 ここで手順を確認してください。

トラッキングURLの仕様

インモビインハウストラッキングソリューションを選択した場合、トラッキングURLおよびインストールポストバックの設定について心配する必要がありません。弊社のシステムがあなたに代わってこの処理を行います。あなたが行うことは、インテグレーションガイドラインに従って、キャンペーンの設定中にIATを選択することだけです。インテグレーションが正常な場合、検証が行われ、キャンペーンをすぐに開始することができます。

アトリビューションロジック

IATは、インストールのトラッキングに利用できるすべてのアトリビューションテクノロジーを使用して、1つのインストールも見逃さないように、またオーバーアトリビュートされないようにします。これらのテクノロジーには、デバイス識別子、リファラ(Androidのみ)、フィンガープリント(デバイス識別子が利用できない場合のみ)が含まれています。

IATアトリビューションのウォーターフォールは次のとおりです。

iOS:

  1. IDFAが何らかのクリックとマッチしているかチェックします。
  2. OSバージョン、ネットワーク、言語などとフィンガープリントを照合します。
  3. IDFAを持つクリック候補が見つかっても、それらがマッチしない場合は、破棄されます。

Android:

  1. Android ID、MAC、またはGoogle Advertiser IDがマッチしているかチェックします。
  2. リファラがマッチしているかチェックします。
  3. OSバージョン、ネットワーク、言語などとフィンガープリントを照合します。
  4. デバイスIDを持つクリック候補が見つかっても、それがマッチしない場合は、破棄されます。

アトリビューションウィンドウ
IATは、デバイスベースまたはリファラのマッチングの場合は10日間のアトリビューションウィンドウを使用し、フィンガープリントのマッチングの場合は24時間のウィンドウを使用します。

MTAP (InMobi Mobile Tracking and Attribution Partners) を使用したトラッキング

インモビは、複数のモバイルアトリビューションパートナーと連携します。これらのパートナーとのインテグレーションは、インモビによる認定を受けています。MTAPパートナーを使用する広告主は、パートナーとインモビの間に確立された緊密なインテグレーションからメリットを得ます。ここですべてのメリットを確認できます。

認定は、アトリビューション方法論、パフォーマンス最適化機能(例えば、遅延の削減など)、高度なターゲティング機能コンプライアンス、操作性およびサポートに基づきます。

MAT (MobileAppTracking) によるトラッキング

MAT SDKとアプリのインテグレーションについては、MATサポート ( support@mobileapptracking.com) にお問い合わせください。MATは、インストールおよびインストール後のイベントをトラッキングするためのAPIインテグレーションもサポートしています。インテグレーションガイドについては、こちらを参照してください。

インテグレーションガイドライン

MobileAppTrackingを使用したインモビキャンペーンの設定については、 ここで提供されている手順を参照してください。設定後、インモビキャンペーン設定で使用する必要があるトラッキングURLを取得することになります。次のセクションでは、トラッキングURLの内容および機能について説明します。

トラッキングURLの仕様

MATのインモビトラッキングURLは、次のようなものになります。

MATにより、インモビはトラッキングリンクにカスタムのパラメータを渡すことが可能になります。一部のクライアントでは、渡されたこれらのパラメータを使用してパラメータに基づくレポート作成データを取得します。使用される一般的なパラメータには、 サイトID、クリエイティブID、キャンペーンIDなどがあります。 このリンクは、トラッキングURLに追加できるすべてのパラメータについて説明します。

アトリビューションロジック

  • Android: MATは、インストールのトラッキングのためにリファラ、識別子、フィンガープリントの組み合わせを使用します。ウォーターフォールは、リファラ > 識別子 > フィンガープリントです。つまり、インストールとクリックのマッチングに関しては、リファラが最も高い優先順位となり、その後に識別子、フィンガープリントが続きます。
  • iOS: MATは、インストールのトラッキングのために識別子とフィンガープリントの組み合わせを使用します。 ウォーターフォールは、識別子 > フィンガープリントです。
  • アトリビューションウィンドウ: MATは、デバイスベースのマッチングの場合は10日間のアトリビューションウィンドウを使用し、フィンガープリントのマッチングの場合は24時間のウィンドウを使用します。

MATで使用されるアトリビューションロジックの詳細については、 ここをクリックしてください。

Kochavaによるトラッキング

Kochava SDKとアプリのインテグレーションについては、Kochavaサポート (support@kochava.com) にお問い合わせください。Kochavaは、インストールおよびインストール後のイベントをトラッキングするためのAPIインテグレーションもサポートしています。インテグレーションガイドラインについては、 こちらをクリックしてください。

インテグレーションガイドライン

Kochavaを使用したインモビキャンペーンの設定については、 ここで提供されている手順を参照してください。 設定が完了すると、インモビキャンペーン設定時に使用する必要があるトラッキングURLを取得することになります。次のセクションでは、トラッキングURLの内容および機能について説明します。

トラッキングURLの仕様

Kochavaがデータを送信する際に使用するパラメータを次に示します。Kochavaに送信されたものはすべてポストバックという形でインモビに再提供できます。Kochavaインターフェイスのユーザーは、クリック時に自身が望む任意の情報を送信することができます。

注意:デバイス識別子はさまざまなパブリッシャーを対象として機能するため、Kochavaでは関連付けの目的のために、考えられるあらゆるデバイス識別子をサポートします。サーバーツーサーバーAPIのデバイス識別子は、device_id_typeパラメータを使用してコールを行います。Androidのデフォルトはandroid_ID、iOSのデフォルトはIDFAです。

Kochavaではクライアントがトラッキングリンクにカスタムのパラメータを渡すことが可能です。一部のクライアントでは、渡されたこれらのパラメータを使用してパラメータに基づくレポート作成データを取得します。使用される一般的なパラメータには、サイトID、クリエイティブID、キャンペーンIDなどがあります。トラッキングURLに追加できるすべてのパラメータの説明については、 こちらから「Standard Click Parameters」 セクションを参照してください。

アトリビューションロジック

Kochava関連付けシステムは、ウォーターフォール形式で機能します。インストールのアトリビューションは、次に示す優先順位で候補のクリックに対して行われます。

  1. Googleリファラ (Android):デバイスベースの関連付けおよびプログレッシプ関連付けで正確なアトリビューションを実行するために必要な識別子が収集されなかった場合、次の基準が満たされている場合はGoogleリファラを使用することができます。アプリはAndroidであること。アプリではSDKがインテグレーションされていること、Kochavaダッシュボード内のGoogleリファラUIがアクティブ化され、ポピュレートされていること。Googleリファラトラッキング設定の詳細については、こちらを参照してください。
  2. デバイスベースの関連付け:デバイスベースの関連付けは、クリックフィードからデバイス識別子を収集し、それらの識別子をインストールフィードから収集されたデバイス識別子と比較することによって実行されます。それらの識別子がマッチした場合、コンバージョンはインストールを扱ったネットワークにアトリビュートされます。このアプローチの場合、デバイスIDとデバイスIDタイプが考慮され、ネットワークまたはソースによるデバイスIDの明示方法に従って直接比較されます。クリックにデバイスIDが存在しない場合、ウォーターフォールのこの手順から除外されます。
  3. プログレッシプ関連付け:クリックフィードとインストールフィードに存在するデバイス識別子がマッチしない場合、Kochavaは、存在するデバイス識別子の考えられるあらゆるバリエーションを比較してプログレッシプ関連付けを実行します。つまり、Kochavaは、クロス暗号化、大文字/小文字の変換、そしてクリックに存在するデバイス識別子のさらなる操作を行って、アトリビューションを特定します。この処理が行われない場合、識別子のハッシュおよびマニピュレーティング後にマッチが成立しているかどうかを確認するために、データスクラビングおよびマニピュレーティングが必要になります。md5やsha1などの暗号化のほか、識別子が別のIDタイプとして渡されている可能性についても考慮されます(例えば、IMEIはandroid_IDと比較されます)。
  4. フィンガープリント:デバイス識別子がクリックに存在せず、またデバイス識別子のバリエーションも存在せず、さらにGoogleリファラも存在しない場合、Kochavaはフィンガープリントロジックを適用します。Kochavaフィンガープリントアルゴリズムは、IPアドレス情報、ユーザーエージェントデータ、キャリア情報、およびクリックヘッダーから収集されるその他のメトリクスを使用します。通常、IPアドレスが他のデバイス識別子と比較され、インストールで受信された識別子と相互比較されます。
    重要事項: Kochavaフィンガープリントは、デバイス識別子ベースのアトリビューションが行われないクリック、またはデバイス識別子が存在しないクリックにのみ適用されます。Kochavaは、デバイス識別子が存在するクリックにはフィンガープリントルーチンを適用しません。これは1つの重要な差別化要因です。なぜなら、これにより、真の正確なアトリビューションが行われ、偽陽性のアトリビューション(この場合、オーバーアトリビューションが発生し、広告主の出費はさらに拡大する)が行われないためです。

アトリビューションウィンドウ: Kochavaは、デバイスベースのマッチングの場合は30日間のアトリビューションウィンドウを使用し、フィンガープリントのマッチングの場合は7日間のウィンドウを使用します。ただし、クライアントはこのウィンドウを変更し、1つのネットワークにつき1つのカスタムのマッチングウィンドウを作成することができます。

AD-Xによるトラッキング

AD-X SDKとアプリのインテグレーションについては、AD-Xサポートにお問い合わせください。インテグレーションページを表示するには、 ここをクリックします。

インテグレーションガイドライン

AD-Xを使用したインモビキャンペーンの設定については、これらの 手順を参照してください。 設定が完了すると、インモビキャンペーン設定時に使用する必要があるトラッキングURLを取得することになります。次のセクションでは、トラッキングURLの内容および機能について説明します。

トラッキングURLの仕様

AD-XのインモビトラッキングURLは、次のようなものになります。

AD-Xにより、インモビはトラッキングリンクにカスタムのパラメータを渡すことが可能になります。一部のクライアントでは、渡されたこれらのパラメータを使用してパラメータに基づくレポート作成データを取得します。使用される一般的なパラメータには、サイトID、クリエイティブID、キャンペーンIDなどがあります。

インモビは、上記のクリックURLとともに subid2subid10を使用して、カスタムのパラメータを送信します。

この形式は、標準のクエリ文字列パラメータです。例: <Tracking_URL>?subid2=<CUSTOM_PARAM>&subid3=<CUSTOM_PARAM>&a?|

アトリビューションロジック

  • Android: AD-Xは、インストールのトラッキングのためにリファラと識別子の組み合わせを使用します。ウォーターフォールは、Androidリファラ > 識別子です。
  • iOS: AD-Xは、インストールのトラッキングのために識別子とフィンガープリントの組み合わせを使用します。 ウォーターフォールは、識別子 > フィンガープリント(IPアドレス + ユーザーエージェント)です。
  • アトリビューションウィンドウ: AD-Xは、デバイスベースのマッチングの場合は14日間のアトリビューションウィンドウを使用し、フィンガープリントのマッチングの場合は24時間のウィンドウを使用します。

AppsFlyerによるトラッキング

AppsFlyer SDKとアプリのインテグレーションについては、AppsFlyerサポート (support@appsflyer.com) にお問い合わせください。インテグレーションページにアクセスするには、 ここをクリックします。

インテグレーションガイドライン

AppsFlyerを使用したインモビキャンペーンの設定については、 ここを参照してください。設定が完了すると、インモビキャンペーン設定で使用する必要があるトラッキングURLを取得することになります。次のセクションでは、トラッキングURLの内容および機能について説明します。

トラッキングURLの仕様

AppsFlyerのインモビトラッキングURLは、次のようなものになります。

AppsFlyerトラッキングリンクの構造については、 こちらのリンクを参照してください。

AppsFlyerではインモビがトラッキングリンクにカスタムのパラメータを渡すことが可能です。一部のクライアントでは、渡されたこれらのパラメータを使用してパラメータに基づくレポート作成データを取得します。最も一般的に使用されるパラメータには、 サイトID、クリエイティブID、キャンペーンIDなどがあります。

このリンクは、トラッキングURLに追加できるすべてのパラメータについて説明します。

アトリビューションロジック

  • Android: AppsFlyerは、インストールのトラッキングのためにリファラと識別子の組み合わせを使用します。ウォーターフォールは、リファラ > 識別子です。
  • iOS: AppsFlyerは、インストールのトラッキングのために識別子とフィンガープリントの組み合わせを使用します。 ウォーターフォールは、識別子 > フィンガープリントです。
  • アトリビューションウィンドウ: AppsFlyerは、デバイスベースのマッチングとフィンガープリントのマッチングの両方で7日間のアトリビューションウィンドウを使用します。

TalkingDataによるトラッキング

TalkingData SDKとアプリのインテグレーションについては、TalkingDataサポートにお問い合わせください。

トラッキングURLの仕様

TalkingDataのインモビトラッキングURLはベースURL(つまり、短いURL)のみです。クライアントがインモビデバイス固有およびネットワーク固有のマクロをベースURLに追加できるようにしています。

iOSのベースURLは、次のようなものになります。http://a.appcpa.net/ss/v1/click/V9QlI5
AndroidのベースURLは、次のようなものになります。http://a.appcpa.net/ss/v1/click/1cscUt

上に示されるように、必要なデバイスおよびインプレッションIDパラメータをベースURLに追加するようにします。

アトリビューションロジック

TalkingDataはまず、デバイスIDを使用します。このマッチが成功しない場合、フィンガープリントを使用します。フィンガープリントがうまく行かない場合、IPとタイムスタンプを使用します。AndroidとiOSの両方でこのロジックを使用します。

Adjustによるトラッキング

Adjust SDKとアプリのインテグレーションについては、Adjustサポート (support@adjust.com) にお問い合わせください。 これはインテグレーションページへのリンクです。

インテグレーションガイドライン

Adjustを使用したインモビキャンペーンの設定については、 これらの手順を参照してください。キャンペーンを実行する前に、Adjustでインモビモジュールを有効化する必要があります。最新のドキュメントについては、こちらを参照してください。ダッシュボードのパネルの後にAdJustのスペシャルパートナードキュメントのセクションがあります。

Tracking_Adjust_1

すべてのモジュールは同じであるため、ドキュメントでは主要な特異点を中心に説明されています。このスペシャルパートナードキュメントは一般的にパートナー設定の詳細を提供するために若干拡張されます。

設定が完了すると、インモビキャンペーン設定で使用する必要があるトラッキングURLを取得することになります。次のセクションでは、トラッキングURLの内容および機能について説明します。

トラッキングURLの仕様

AdjustのトラッキングURLはシンプルな短縮されたURLです。ネットワーク用に作成されたテンプレートはありません。これにより、クライアントはトラッキングパラメータをベースURLに付加して送信するという柔軟性を得られます。

トラッキングリンクは次のようなものになります。 //app.adjust.io/foobar

サポートされるデバイスIDパラメータと「inmobi_click_id」を上記のリンクに付加します。

AdJustでは、インモビはトラッキングリンクで必要になる数だけカスタムのパラメータを渡すことが可能です。一部のクライアントでは、渡されたこれらのパラメータを使用してパラメータに基づくレポート作成データを取得します。使用される一般的なパラメータには、サイトID、クリエイティブID、キャンペーンIDがあります。

この リンクは、トラッキングURLに追加できるすべてのパラメータについて説明します。

アトリビューションロジック

Adjustアトリビューションのウォーターフォールは次のとおりです。

iOS:

  1. IDFAが何らかのクリックとマッチしているかチェックします。
  2. OSバージョン、ネットワーク、言語などとフィンガープリントを照合します。
  3. IDFAを持つクリック候補が見つかっても、それがマッチしない場合は、破棄されます。

Android:

  1. Android ID、MACまたはGoogle Advertiser IDがマッチしているかチェックします。
  2. リファラがマッチしているかチェックします。
  3. OSバージョン、ネットワーク、言語などとフィンガープリントを照合します。
  4. デバイスIDを持つクリック候補が見つかっても、それがマッチしない場合は、破棄されます。

アトリビューションウィンドウ:

Adjustアトリビューションウィンドウは、次のようになります。

  • デバイスID、Androidリファラ:クリック後、7日間のアトリビューションウィンドウ
  • フィンガープリント:クリック後、おおよそ24日間のアトリビューションウィンドウ

Apsalarによるトラッキング

Apslar SDKとアプリのインテグレーションについては、Apslarサポート (support@apsalar.com) にお問い合わせください。 インテグレーションページを参照してください。

インテグレーションガイドライン

アトリビューションリンクおよびポストバックの設定に関するApsalarドキュメントを参照してください。

設定が完了すると、インモビキャンペーン設定で使用する必要があるトラッキングURLを取得することになります。次のセクションでは、トラッキングURLの内容および機能について説明します。

トラッキングURLの仕様

ApsalarのインモビトラッキングURLは、次のようなものになります。

Apsalarではインモビがトラッキングリンクにカスタムのパラメータを渡すことが可能です。一部のクライアントでは、渡されたこれらのパラメータを使用してパラメータに基づくレポート作成データを取得します。使用される一般的なパラメータには、サイトID、クリエイティブID、キャンペーンIDなどがあります。

インモビがクリック時にデータを渡す際に使用できるすべてのカスタムのパラメータの説明については、 こちらを参照してください。

アトリビューションロジック

  • Android:Apsalarは、インストールのトラッキングのためにリファラと識別子の組み合わせを使用します。ウォーターフォールは、Androidリファラ > 識別子です。
  • iOS:Apsalarは、インストールのトラッキングのために識別子とフィンガープリントの組み合わせを使用します。 ウォーターフォールは、識別子 > フィンガープリントです。
  • アトリビューションウィンドウ: Apsalarは、デバイスベースのマッチングの場合は30日間のアトリビューションウィンドウを使用し、フィンガープリントのマッチングの場合は24時間のウィンドウを使用します。

他のトラッカーを使用したキャンペーンの設定

インモビではキャンペーンのトラッキングについてはMTAPの使用を推奨していますが、弊社では弊社独自のトラッカーまたはサードパーティトラッカーの使用をサポートしています。このようなキャンペーンを実行するには、次の手順に従います。

  1. トラッカーとして [Others] を選択し、
  2. トラッキングURLを入力します。

重要事項: トラッキングオプションとして[Others]を選択した場合、レポート作成時にダウンロード数が表示されない可能性があります。また、インモビはキャンペーンを最適化することができません。

トラッキングを使用しないキャンペーンの設定

キャンペーンのトラッキングを望まず、インモビでのキャンペーンの実行を希望する場合は、

  1. トラッカーとして[Others]を選択し、
  2. iTunes/Play Store URLを入力します。

重要事項: トラッキングオプションとして[Others]を選択した場合、レポート作成時にダウンロード数が表示されない可能性があります。また、インモビはキャンペーンを最適化することができません。